ケノン特徴

ケノンは日本人の肌に合った脱毛器

投稿日:

ケノンは日本人の肌に合わせた脱毛器

ケノン家庭脱毛器は脱毛効果がとても高く、肌を傷めることもありません。日本人の肌に合った脱毛方法で、繊細な日本人の肌に合わせた脱毛器だからです。日本人女性の肌を徹底的に研究して生まれた、日本製の家庭脱毛器だからです。

脱毛効果を上げるために、単純に光を高出力にするだけでは駄目です。肌を痛めたり、痛いだけで高い効果は望めません。

ケノンの日本人の肌に合った脱毛方法で『日本人の肌に合わせた脱毛器』が、本当にメリットがあるの?そんなにイイの?と感じる人もも多いと思います。

ケノン脱毛器は絶賛レビュー8.5万件突破

日本人と外国人では肌の構造が全く違うこと、肌に合わせる重要性を解説します。

日本人の肌に合った脱毛方法と方式

ケノンは日本人の肌に合わせて作られた脱毛器です。

脱毛サロンやエステの業務用脱毛器も、すべて日本人の肌を研究して開発され作られています。日本人の肌に合った脱毛方法で日本人の肌に合わせた脱毛器が『業務用では常識』です。

nihonjin-min

有名脱毛サロン「ミュゼ」「脱毛ラボ」をはじめとして、最も多くのサロンで採用されているDEKA社(イタリア)の「クリプトン」は、日本に肌の研究スタッフを送り込んで開発されました。日本人の肌を徹底的に研究して、日本人の肌に合わせ作られたのです。これが、肌を傷めずに高い脱毛効果を生み出しています。

エステティックTBC(エピレ含)は、40年に及ぶエステ運営で収集した日本人の肌データを元に、開発したオリジナル脱毛器を採用しています。

また、シースリーを始めとするサロンが採用するSUMIDA社のルネッサンスGTRは、純国産の日本製です。純国産なので、日本人の肌だけに焦点をあわせて開発された脱毛器です。

日本人と外国人は肌と皮膚の構造が違う

日本人と外国人では、肌の構造が根本的に全く違います。

日本人と欧米人の肌を比較すると

日本人の肌は角質層がとても薄く、欧米人の肌の3分の2ぐらいしかありません。これが、日本人の肌はダメージを受けやすく、とても敏感な原因です。

欧米人の肌は日本人と比較して、真皮(表皮の内側で肌組織の大部分)が薄くて、紫外腺の影響を受けやすい構造です。皮脂量も日本人に比べ20%少ないのです。

ブラジリアンワックスや化粧品も注意

最近人気のブラジリアンワックスが、日本人の肌に向かない理由のひとつです。(*日本人の肌に合わせて作られたブラジリアンワックスもあります。)

海外製の化粧品やクリームを現地で買って使うと、肌質の違いから効果が出過ぎて肌を痛めたり、逆にまったく効果がなかったりします。(*免税品店などでは合った商品が売られていることもあります。)

化粧品メーカーが各国向けに商品を作っているのは、その国の人によって肌の構造が違うからです。

脱毛器は化粧品以上に影響が大きい

脱毛器の仕組みは業務用、家庭用に限らず同じです。その仕組は光の照射熱で「角質層~真皮〜毛根周辺組織」にダメージを与える方法です。

肌の構造の違いによる脱毛器の影響は、化粧品とは比べものにならないほど、大きな影響を及ぼします。日本人の肌に合わせた脱毛器を使わないと、「痛い」「肌を痛める」「脱毛効果が低い」などの影響が出たりします。

家庭脱毛器のなかには、安価で表面上だけの高い脱毛効果をうたう海外製の商品は、日本人の敏感な肌に合わせて開発されていません。脱毛効果が低いばかりか、痛かったり、最悪は肌に大きなダメージを与えてしまいます。

nihonjin02-min

日本人の肌に合った脱毛に焦点を合わせたケノン家庭脱毛器

ケノン家庭脱毛器が、脱毛サロンやエステ並の高い脱毛効果を誇る理由のひとつは、『日本人の肌に合わせた脱毛器』 で、超が付くほど高性能な驚きの脱毛器です。

『ケノンは価格が高い』と言う人がいます。

しかし、脱毛サロンのエステのように予約が取れないこともない。自宅で効果的で効率的な脱毛。痛みが少ない。ランニングコストが驚くほど安い。美顔器としても高性能(美顔器を目的で買う人がいるほど)など、内容と実績は価格をはるかに上回る商品です。

だからこそ、脱毛サロンやエステからケノンに乗り換える人が圧倒的に多いのです。

日本人の肌に合わせたケノンだから、効果があって痛くない

-ケノン特徴
-, , ,

Copyright© ケノン脱毛効果と家庭脱毛器 , 2019 All Rights Reserved.