ケノンとトリアを徹底比較

ケノンとトリアを1回の照射面積で比較

更新日:

ken-tri02-min

ケノンとトリアの1回で照射出来る照射範囲(面積)を比較して検証します。

1回の照射範囲は、そのまま1回で脱毛出来る範囲になるので、効率的な脱毛のために是非ともチェックしておきたい項目です。

1回の照射面積が狭いとストレス、ケノンは圧倒的に広い

ワキ脱毛や指脱毛などの、小さな部位では1回の照射範囲(面積)はあまり気になりません。

しかし、ヒザやヒジなど一般的にLパーツと呼ばれる範囲の広い部位では、照射面積が狭いとその分だけ照射しなければならない回数が増えて、とても大きなストレスになります。

ケノンとトリアの1回あたり脱毛面積

最初はワキなどの小さな部位で使い始めた人も、使い慣れるとLパーツの大き部位や全身脱毛をしたくなります。

最近は、最初から全身脱毛を目的に家庭脱毛器を買う人も多くいます。1回当たりで脱毛が出来る面積は、選ぶ上での大きなポイントになります。

ケノンとトリアの「1回照射あたりの面積」を、数字上で比較すると次のようになります。

  • ケノンの1回照射あたり面積は3.7㎝×2.5㎝(9.25㎠)
  • トリアの1回照射あたり面積は直径1㎝弱(0.785㎠)

ケノンの照射面積はトリアの約12倍

一回あたりの照射面積を数字で比較すると、結果は一目瞭然の12倍の差でケノンが有利です。

  • ケノンは1回の照射でトリアの約12倍の面積を一気に脱毛。
  • ケノンはトリアに比較して脱毛スピードが12倍も速い。

 自宅で本格脱毛!最新型脱毛器「ケノン」使えばわかる凄さ!

ケノンとトリアの1回当り照射面積を図で比較

ケノンとトリアの1回当りの照射面積の差を、図で表すとさらに分かりやすく鮮明になります。

下の図の、左側がケノンで右がトリアです。ケノンの照射口は長方形ですが、トリアは照射口が円形です。

ケノンが1回の照射で脱毛出来る面積を、トリアでやろうとすると12回も照射する必要があります。さらに、トリアでは隙間(オレンジ色の部分)が出来てしまいます。トリアは取扱説明書(P18)の中で、約5mmずつ移動させて使うように書いてあります。。

そうすると、この例で言えばトリアで12回×2=24回が必要になります。

ken-tri-men01-min

ヒザやヒジなどの面積の大き部位の場合、ケノンでは楽々と脱毛が出来ます。トリアでもヒジやヒジまでならば根気と忍耐で乗り切れるかもしれません。しかし、トリアの狭い照射範囲では全身脱毛をすることは現実的ではありません。

 超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!


 

ケノンとトリアの脱毛方式を比較
ケノンとトリアの照射レベル調整を比較
ケノンとトリアの痛みを比較
ケノンとトリアのランニングコスト比較
ケノンとトリアの消耗品を比較
ケノンとトリアのボディカラーを比較
ケノンとトリア比較


-ケノンとトリアを徹底比較
-, , , ,

Copyright© ケノン脱毛効果と家庭脱毛器 , 2019 All Rights Reserved.