ケノンとトリアを徹底比較

ケノンとトリアの照射回数を比較

投稿日:

ケノンとトリアの家庭脱毛器の脱毛に必要な回数(照射の回数)を比較してみました。

ケノンとトリアの照射回数を比較

ワキのような小さな部位だけの脱毛ならば、さほど苦になりせんが、ヒジやヒザなどの広い面積に部位では、照射する回数が多いと忍耐との戦いで疲れてしまいます。

回数は1回の脱毛面積で決まる

当たり前のことですが、肌に脱毛器を当てたときの1回当りの面積が広ければ、それだけ回数が少なくて済みます。

ケノンとトリアを1回の照射面積で比較すると、ケノンはトリアの12倍も広い面積を一度に脱毛が出来ます。12倍広いってどの位違うのか、ヒジ下と全身脱毛で必要な照射する回数を比較してみます。

ヒジで比較するケノンとトリアの必要回数

大人気の部位で広い部位の「ヒジ下」で、必要な回数と時間を比較してみました。

  • ケノン・・・26発で時間にすると約4分
  • トリア・・・264発で時間にすると約15分

両ヒジ下なら、この2倍で『ケノンなら約10分弱』で、『トリアでは約30分』です。

ken-tri-men02-min

全身脱毛で必要な回数

全身脱毛に何回ぐらい回数が必要なのか?を、次に比較してみました。

平均的な女性の全身表面積は計算では1.5㎡(15,000㎠)で、仮にそのうち90%を脱毛するとして、面積は15,000㎠×0.9=13,500㎠になります。

これを1回あたりの脱毛面積で比較チェックすると

  • ケノン・・13,500㎠÷9.25㎠(1回の照射面積)= 1,459回
  • トリア・・13,500㎠÷0.785㎠(1回の照射面積)= 17,197回

ケノンなら1,459回なのに、トリアでは17,197回も回数が必要です。ケノンの10倍以上の回数が必要なトリアでの全身脱毛は現実的ではありません。

回数が多くて重いと脱毛が重労働

回数が多くて、さらにハンドピース部分が重いと腕が疲れ、脱毛が重労働になってついつい施術が面倒になってしまいます。ケノンとトリアの脱毛する時、手にする重量を比較してまいます。

  • ケノン・・ハンドピース部分120g
  • トリア・・一体型584g

ケノンの重さはトリアの1/5しかないので、脱毛施術で腕が疲れるようなこともありません。

トリアはケノンの約5倍重くて、回数が12倍も必要です。

ケノンとトリアの回数(照射)を比較するとケノンが圧倒的に有利です。

 超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!

-ケノンとトリアを徹底比較
-, , ,

Copyright© ケノン脱毛効果と家庭脱毛器 , 2019 All Rights Reserved.